「ほっ」と。キャンペーン

今度はどこ行こうかな?


by yasumac
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2007年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「盆踊り!」

f0065341_1281750.jpg

1年に1回の地元の夏祭り。
仕事が終わったあとにちょっと行ってみた。

盆踊りもやってるんでかなりの人出。

イカ焼きとお好み焼きを買いたかったが、
出遅れたせいか有り得ないくらいの行列だ。

とても並ぶ気にはなれず、今回は泣く泣く断念。
また来年だな…。

来年も晴れますように!


夏祭りってのは貴重なイベントだ。
だってさ、親公認で夜遊びが出来るんだから。

今年もいっぱいいたなぁ、無駄に元気のいい若い子たちが…。

でも帰るのがもったい無いのか、1人になるのが寂しいのか、
祭りが終わってもなかなか帰らず、いつまでもダベッてる。

分かる分かるその気持ち。オイラも昔そうだったな…。
でもって、いつの間にか太陽が昇って来る…。

そんな事が、なんとなく懐かしく思ってしまう今日この頃。
ヤバイヤバイ…。
[PR]
by yasumac | 2007-07-31 01:29 | お出掛け | Comments(0)
f0065341_1403156.jpg

300 スリーハンドレッド」を観た。

とにかく闘いあるのみ!
ここまで徹底してるとかえって楽しい!

ストーリーは単純明快。
極限にまで鍛え上げられたスパルタの戦士たちが、
ペルシャの軍勢をバッタバッタとなぎ倒す。

歴史映画というよりアクション映画。
まさにその迫力ある映像に圧倒され、
あっという間の2時間だった。

CGを駆使して見せる戦闘シーン。
全編を絵画のように見せるグラフィック。
独特な色合いと音楽も合ってるし、
オイラは好きだなこういうの。

f0065341_1414773.jpg

でもそれだけじゃない。

多勢に無勢と分かっていながらも、
祖国を守るために必死に闘う兵士たち。
絶望的状況の中で闘うスパルタの兵士たちの姿は、
悲しくもあり熱く激しい。

媚びない!顧みない!ひれ伏さない!
何ものにも決して屈っすることのないスパルタの男たち。
仲間を信じ、愛する人を守る、その高潔さに魅せられた。

生とは?死とは?男とは?
そして真の英雄とは?
スパルタ精神は大和魂や武士道に似ている。
男の生き様」「滅びの美学
最後にはかなり涙腺がゆるくなった…。


ちょっと褒めすぎかも知れんな…。


しかしカッコいいエンドロール。
あれがもう1度観てみたい!
[PR]
by yasumac | 2007-07-30 01:42 | 映画 | Comments(0)
f0065341_040338.jpg

北海道みやげの「マルセイバターサンド
六花亭」の定番商品だ。

冷やして食べると美味いから、ついつい食べてしまう…。
f0065341_0405939.jpg

でも、美味いんだけど甘いんだよなぁコレ。
1個食べるとオイラはもう限界…。
半分くらいがちょうどいいや。

何個も続けて食える友人がいる。
好みは人それぞれとは言うけれど、
絶対にどこか味覚がおかしい…。

ちゃんと味わってるのかな…?


一緒にもらった「ハスカップジュエリー」
f0065341_0415895.jpg

こちらは「モリモト」の定番商品だ。

オイラは北海道みやげの中でコレが1番好き。
ハスカップの酸味とチョコレートの甘さ。
なんとも言えない美味しさだ。

コイツはいくらでも食べれてしまうから、
気を付けないといけないな…。


もらって感動するのはやっぱ「じゃがポックル
でも、めったなことでは手に入らないからなぁ…。

早く通販で買えるようになってくれ~!
[PR]
by yasumac | 2007-07-29 00:47 | フード・ドリンク | Comments(0)

「富士山 終」

帰る前に5合目のレストランでちょっと休憩。
富士山めろんぱん」というのを買ってみた。
f0065341_014390.jpg

確かに形は富士山。
多分他じゃお目にかかれない…。

看板もあった。
f0065341_02257.jpg

そりゃあ確かに日本一高い所にあるパン屋だろう。
でも1個250円はちと高い。
美味いんだけど中身が無いし、まぁ5合目価格って事かな…。

富士スバルラインをくだり、ドン・キホーテでお買い物。
そのあと「ふじやま温泉」に寄ってみた。
f0065341_034191.jpg

湯船に浸かると、いや~気持ち良すぎだ!
ドドドドドッと登山疲れが癒されるぞ。

休憩室でしばし睡眠…。
大広間でさらに睡眠…。

その後「ほうとう」を食べに移動!
ほうとう不動」に行ったらもう閉まっていた。
たまたま店の人がいたんで聞いてみたら、
4時に終了しましたとのこと。
ずいぶんと早くに終わっちまうんだなぁ…。

ていうことで「小作」に変更。
f0065341_054849.jpg

相変わらず広い店内。
f0065341_06251.jpg

オイラは何とかコースと馬のモツ煮。そしてビール。
f0065341_062494.jpg

かなり豪華になってしまったがやはり美味い!
久しぶりにまともなモノを食べた気がする。

しかしデカイなこのカボチャ!
f0065341_065112.jpg

こんなのが2つも入ってるんで、
とにかく腹がいっぱいだ!

はち切れんばかりの胃袋になりフゥフゥ言ってるが、
そろそろ東京へ帰らにゃいかんな…。

ではでは!


また8合目で終わってしまった富士登山。
でも、かなり堪能できた2日間だった。

また来年挑戦しようかな…。
いやいや、そんな怖いことを考えちゃいけないいけない…。


そうそうこんな1枚!
f0065341_095549.jpg

ふじやま温泉のテラスに「ツバメの巣」があった。
ピーチクパーチクと雛鳥たちが騒いでいた。

最近見かけ無くなったが、なんかいいなぁこういうの…。
[PR]
by yasumac | 2007-07-27 00:17 | 旅行 | Comments(0)

「富士山 ④」

朝6時頃には、山頂組がぞくぞくと帰って来た。
f0065341_13813.jpg

山小屋の玄関先は、とにかく人でいっぱいだ。

時間と共に、さらに人で溢れ返っている。
f0065341_1382612.jpg

オイラの仲間も無事帰還。
パッと見ズタボロ…。
かなり憔悴しきってる感じだ…。

山頂どうだった?と聞いたら、
行くんじゃ無かった!との答え。

途中で引き返そうにも前も後ろも渋滞していて、
もう後戻りは出来ない状況だったらしい。

さらに雨風はヒドいし、まともに前を向いてられない。
山頂に行ったはいいけど寒すぎて、何を食べても温まらない。
とにかく山頂に行ったって事だけが残ったようだ…。

オイラはホント行かなくて良かった…。

1人はすぐさま仮眠。
1人はしばしのんびり。
8時半くらいには下山し始めた。

こんな感じでまだまだ雪が残っている。
f0065341_1305083.jpg

とても重要な分かれ道。
f0065341_132026.jpg

間違えると大変な事になる。
オイラ達は左だ。

下山道もかなりのガス。ハッキリ言ってよく見えん。
f0065341_1322476.jpg

多量の湿気で、雨じゃあ無いんだけどビシャビシャだ。

何かを撮ろうとしてる仲間。
f0065341_1324577.jpg

互いに激写しあっている仲間。
f0065341_133424.jpg

そしていつの間にか撮られてたオイラ。
f0065341_1332755.jpg

まだまだ先は長い。
f0065341_1334476.jpg


ここまで来れば、もう5合目も近い。
f0065341_134020.jpg

かなり滑り易いんで要注意!

おっ馬発見!
f0065341_1341622.jpg

撮ろうとしたら立ち止まってくれた。
よしよし、お利口さん!

ようやくゴールが見えてきた。
f0065341_1344844.jpg

もうすぐ!もうすぐ!

よっしゃ~到着~!帰って来たぞう~!
f0065341_135944.jpg

昨日この場所からスタートしたはずなのに、
エラく懐かしい場所に思えてしまった。

どうやら膝も大丈夫そうだ…。
良かった良かった。
[PR]
by yasumac | 2007-07-26 01:40 | 旅行 | Comments(0)

「富士山 ③」

攣りそうな左足にサポーターを付けてみた。
すると、なぜか両足とも治ってしまった。
こんな布切れ1枚だけどバカに出来ないもんだな…。

でもこんな状態じゃ御来光は諦めよう。
暴風雨は相変わらずだし、下山する時の膝も心配だ。

でも仲間2人はせっかく来たんだし山頂まで行くとのこと。
こんな天気だけど、まぁ頑張って行ってらっしゃい!

オイラも仲間を見送るため深夜起床。
f0065341_19544747.jpg

午前3時頃、2人は出発!
1人は夜中に足が攣ったと言っていたが大丈夫なのか?

2人よりも前に、団体さんや個人のグループなど、
けっこうな人数が山小屋を出発していった。
f0065341_19551711.jpg

中はガラガラだ…。

下の山小屋からも続々と山頂を目指す人たちの列。
みんな、こんな悪天候の中よく行くなぁ。
頑張れ!頑張れ!

ここ8合目からでも御来光は見える。
オイラも夜明けをここで待つことにしよう。
まずはコーンスープで温まろう。
f0065341_2015994.jpg

天気が回復してくれるといいが…。

しかし山の上の雨風は凄まじい。まさに嵐!
台風みたいで山小屋の窓や戸がキシんでいる。
さてさて山頂はどうなってることやら…。


確かに4時くらいになっても悪天候は変わらない。
天候がよりヒドくなれば途中で引き返すと仲間は言っていた。
戻って来ないとこをみるとまだまだ歩いているんだろう。
大丈夫かねぇ…?

オイラのいる山小屋でひと休憩した家族連れがいた。

少し下の山小屋から歩いて来たらしいが、
娘さんがこの天候でもうダウン寸前。
ちょっと休憩のはずが長い休憩になっていた。
その親父さんと話したら、娘がアレじゃ多分ダメだろう…。
夜明けを待って下山する予定だと言っていた。

結局朝4時半になっても御来光は覗かない。
外は相変わらずの雨風だが少し弱まって来たかな…。
なんとなく空も明るくなって来た気がする。
またコーンスープを1杯…。
f0065341_2032445.jpg


5時半頃になると、雲は多いが雨風は止んだ。
f0065341_1957138.jpg

さ~て、仲間はいつごろ戻って来るんだろうなぁ…?
[PR]
by yasumac | 2007-07-25 20:06 | 旅行 | Comments(0)

「富士山 ②」

雨の中、団体さんがチェックインするのを、
オイラ達は外でひたすら待っていた。
f0065341_1595733.jpg

そうこうしてたら雨も止んで来たみたい…。

中に入って荷物を自分の寝床に置き、
いろいろと整理していたら夕飯の案内があった。

適当にすわり夕飯のカレーを待つ…。
f0065341_202477.jpg

カレー登場。
f0065341_204463.jpg

大盛り!
温かい料理がマジ美味い!

そしてコーンスープ。
f0065341_21774.jpg

インスタントかも知れんが、この1杯で生き返った!

お腹もいっぱいになりのんびりしてたら、
なんとなく外がガヤガヤ…。

出てみると…。
f0065341_213412.jpg

3400mからの夕焼け。
空と雲海の間が、オレンジ色に輝いていた!

写真じゃ上手く伝わらないかも知れないが、
初めて見たオイラはちょっと感動!

オイラが囲炉裏で暖を取っていると、
いつの間にか周りには、韓国人らしき女の子たち。
f0065341_215139.jpg

音声多重で韓国語が飛び交っていたが、
ハッキリ言って何を言ってんだかサッパリ!

あとは、深夜起床に備えて眠くなったら睡眠…。

ZzzZzz……ZzzZzz……。

なんか外の天気がおかしくなって来てる。
どうやら暴風雨になってるみたいだ。
打ちつける雨の勢いと、吹きまくる風の音が凄まじい。
ちょっと怖いくらい…。

でも、Zzzz……。


ウゥゥ…、痛テテテ…、足の痛みで変な時間に目が覚めた…。

左膝から太腿にかけてがなんか攣りそう…。
ヤバイヤバイと起きて伸ばしていたら、
今度は右足も攣ってきた…。


もうこんなんじゃ、とてもじゃないが山頂は無理だな…。
[PR]
by yasumac | 2007-07-24 02:04 | 旅行 | Comments(0)

「富士山 ①」

久しぶりに「富士山」に登ってきた。

まずは河口湖IC付近のコンビニで食料調達。
f0065341_19411398.jpg

晴れてれば富士山が見えるはずなんだが、
なんとなく怪しい雲行き…。

5合目駐車場に到着。
f0065341_19412788.jpg

ほぼ全ガス状態で何も見えない。
ずいぶんと湿気が多いな…。

午後1時、いよいよ出発!
f0065341_19415667.jpg

先も見通せず、さてさてどうなる事やら…。

こんな状態が延々と続いてる。
f0065341_19421622.jpg

f0065341_1946528.jpg

とにかく前に進むのみなんだが、
湿気が身体にまとわり付いてかなり重い…。

途中で雨風が激しくなり慌ててカッパを着込む仲間たち。
f0065341_19423911.jpg

ホント天候の変化には参ってしまう…。

あれ?ほんの少し明るくなってきた。
f0065341_19431673.jpg

もしかして、もしかすると…。

よっしゃー!視界良好!
f0065341_19441366.jpg

f0065341_19443762.jpg

やっぱ山はこうでなくっちゃ!

でもそれも束の間、またガスが出始めてきた。
f0065341_19445148.jpg

あぁ~あぁ~残念!
やっぱ山の天気は変わりやすい…。

ようやく3000m地点までやって来た。
f0065341_19453885.jpg

よく登って来たもんだ…。

まだまだ雪が残っている。
f0065341_19462938.jpg

雨が降ったり止んだり、風が吹いたり止んだり…。
もう、かなり体力を消耗…。

午後6時くらい、どうにかこうにか今日の宿に到着。
f0065341_19465899.jpg

5時間かけて、3400mまでやって来た。

どこの山小屋に泊まるか決めて無かったが、
仲間が宿のオジちゃんといろいろ交渉して、ここに決定。

かなり雨風にさらされたんで、とにかく寒い。
それに途中から、膝の痛みもヒドくなって来た…。

もう何でもいいから休ませて欲しい…。
[PR]
by yasumac | 2007-07-23 19:57 | 旅行 | Comments(0)

「プレステージ」

f0065341_0354868.jpg

プレステージ」観た。

う~ん…ぼちぼち。
この映画は面白いのかねぇ?

マジックには3つの段階がある。
1、タネや仕掛けのないことを観客に確認させる「プレッジ
2、パフォーマンスを展開する「ターン
3、最後に予想を超えた驚きを提供する「プレステージ

華やかな「プレステージ」や「名声」のために、
対立する2人の天才マジシャン。

でも良きライバルは、一歩間違えると大変な事になる。
お互いがお互いを騙し、邪魔をし、引きずり下ろし、
その確執や苦悩は良く分かった。

でも予告編や宣伝を観た限りでは、
この映画に期待したのはそんな事じゃ無い。

天才マジシャン同士が激しく競い合い、
驚きのイリュージョンが展開される。
そして多くのトリックが次々と明かされる。
その中である殺人事件が起き、犯人は誰なのか?
はたして、どうやってその殺人は行われたのか?

そんなマジックショーの面白さと推理小説の楽しさを、
一度に味わえる映画だと思って期待していた。

確かに「水中脱出」や「瞬間移動」などのタネを見せてくれる。
殺人事件や人間関係のどんでん返しでいくらかは驚かせてくれる。

でもなぁ…ラストがあれじゃあなぁ…。

え?それでいいの?これで終わり?ってな感じで、
全然予想範囲内だったし、正直面白くもなんとも無い。

130分間目をこらせ!すべてのシーンに罠がある!
衝撃のラスト!この結末を誰にも言ってはいけない!

あのCMのキャッチは一体何だったんだ…?
マリックのあのCMは一体何だったんだ…?

f0065341_037287.jpg

スカーレット・ヨハンソンが綺麗だったし、まぁいいか……。
[PR]
by yasumac | 2007-07-22 00:38 | 映画 | Comments(0)

「神戸プリン」

f0065341_1884258.jpg

神戸プリン」なるものを頂いた。

f0065341_1891995.jpg

けっこう有名らしいがオイラは初めて。
缶入りプリンってのは結構珍しいんじゃないかな。

f0065341_1894154.jpg

食べてみると昔のプリンって感じ。
コレは!って程では無いけど普通に美味い。
へんにクドく無いしサッパリしてるのがいい。


常温で保存できるし賞味期限も長い。
贈り物やお土産としていいかも知れないな。
[PR]
by yasumac | 2007-07-20 18:10 | フード・ドリンク | Comments(0)