今度はどこ行こうかな?


by yasumac
カレンダー

<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「初めての日光⑤」

午前11時、「百物揃千人武者行列」が始まった。
f0065341_2349423.jpg

こういうのを何姿というのか知らないけど、
人数が集まると、なかなか絵になっている。

お次は甲冑集団。
f0065341_2349599.jpg

鎧(ヨロイ)武者姿ってのは結構カッコいい。
でも重そうだ…。
担当の人達も大変だな…。

続いて子供たち。
f0065341_23501676.jpg

見てて普通に微笑ましい。
アナウンスが聞こえなかったんで、格好の意味は分からずじまい。

でも、きっとこの中の子の親なんだろうけど、
何か大声で叫んで、写真を撮りまくってる人がいた…。
あまりにも前のめりになってたんで、
他の人たちの失笑を買っていたな…。

そして何やら大層なものが出て来た。
f0065341_23504043.jpg

「御神体」かな…?
f0065341_235176.jpg

これに向かって御ひねりが飛び交っていた。
そして、それを拾い集めるチビッ子たちがその後に続いていた。
多分ボーイスカウトかなんかの子たちだろう。
数人が一生懸命やっていたが、結構な数が飛んでたんで、
拾い集めるのも大変そうだった…。

その他にも、鉄砲持ち、槍持ち、指し物持ちなどがいっぱいいて、
なかなか見応えのある行列だったな!

さ~て、そろそろ道が混まない内に帰るとするか…。


続く……。
[PR]
by yasumac | 2006-10-30 23:52 | 旅行 | Comments(0)

「初めての日光④」

下りの「いろは坂」も無事に通過。
観光バスの運転に「お見事!」と思いながら、
午前10時過ぎくらいに、東照宮まで降りてきた。

この日は午前中の11時から、
百物揃千人武者行列」というものがあるらしく、
平日だというのに東照宮周辺も混んでいる。

初め看板を見た時は、読み方が分からなかったが、
ひゃくものぞろいせんにんむしゃぎょうれつ
と読むんだそうだ。

まだ時間もあるし、まずは観光!
やはり「東照宮」だな。

まずは「石鳥居
f0065341_23534610.jpg

やたらデカイ…。

お次は「五重塔
f0065341_2354265.jpg

大きさもさることながら、色使いがお見事!

そして「陽明門
f0065341_23551138.jpg

その彫刻のすごさは噂通り。
近くにいた団体のガイドさんによれば、
その数500を超えるんだそうだ。
へぇ…。

なんで別料金?「眠り猫
f0065341_032915.jpg

とにかく気持ち良さそうに眠ってる。
何故か裏には「雀」
f0065341_034345.jpg

猫もすやすやと眠り、雀のような生き物も安心して暮らせる、
そんな平和な時代を表す彫刻だって説があるらしい。
ホントかな…。

いよいよ「サル
f0065341_04499.jpg

コイツらが噂の「見ザル、言わザル、聞かザル」
さっきのガイドさんによると、他のサルの彫刻と合わせて、
物語になっているんだと。
またまた、へぇ…。


ホントはもう1つ「鳴竜」が見たかったけど、
時間が無くなって来たんで、行列を見に移動…。

「鳴竜」は今度だな!


続く…。
[PR]
by yasumac | 2006-10-25 00:07 | 旅行 | Comments(0)

「初めての日光③」

三本松(戦場ヶ原)から、いい山が見えている。
さて…?何て山だろう…?

f0065341_119644.jpg


中禅寺湖に下りてく途中に、「竜頭の滝」に寄ってみた。

f0065341_1135286.jpg

ここは結構な賑わい!
遠足なのか修学旅行なのかよく分からないけど、
チビッ子たちの団体さんが大勢いた。

集合写真を撮っていたが、最近はカメラマンの掛け声も、
ちょっと変わってる。

「はい、撮るよ~! …………………!」
あれ?
う~ん…、何て言ってたか思い出せない…。
ついこの間のことなのに…。
これはマズイぞ…。
まぁそれなりに面白いことを言っていた…。多分…。 

階段を登ってる時、振り返ると遠くに中禅寺湖が見えた。
写真だと小さくなってしまってるが、
なかなかいい眺め!

f0065341_117861.jpg


そして中禅寺湖。

f0065341_115487.jpg

湖畔にあるボートハウスから1枚。
風も無く波も無く、お金を払いたくなるくらいの景色だ!
お見事!
こういう景色はいつも見れるんだろうか…?


そろそろ、混まない内に「東照宮」まで下ることにしよう!
ハァ…、また「いろは坂」を通るのかぁ…。

続く……。
[PR]
by yasumac | 2006-10-22 01:21 | 旅行 | Comments(0)
f0065341_0341939.jpg

ザ・センチネル/陰謀の星条旗」を観た。

結構テンポが良かったので、
なんとか飽きずに最後まで観れた。

というのはこの映画、ストーリーに無理が多過ぎる…。

大統領暗殺の首謀者は誰?
暗殺する目的は何?
情報屋は誰とグルだった?
内通者は何故KGBとつるんでいた?
解らずじまいが多すぎる…。

それに犯行グループも、あれだけの兵力があるんだから、
正面から立ち向かっても勝てるんじゃないのか?

けっこう謎だらけなまま話が進んで行くうえ、
ラストも、ひねりやどんでん返しがないまま、
意外にサラっと終わってしまう。

いい緊張感だったと思うけど、あまりスッキリしないし、
ハッキリ言えば、あまり印象に残らない。
そのうち、観た事さえ忘れてしまいそうだ…。

正直クライマックスでも「それ誰だっけ?」と思ってしまった…。

とはいえ、銃撃戦や追跡アクションは、
なかなかのスリルと緊張感!

謎解きはあまり期待出来ないけど、
ちょっとお気楽な政治サスペンス!としては良かったかな…。


それにしても、キーファー・サザーランド。
最近何を観ても「ジャック・バウアー」に見えてくる!
「24」にハマり過ぎかな…。
[PR]
by yasumac | 2006-10-21 00:34 | 映画 | Comments(0)

「初めての日光②」

f0065341_0483745.jpg

朝早い「湯ノ瑚」はホントきれいだ!
どこもかしこも紅葉って訳じゃないけど、
この景色が見れたでけでも、大満足!

なんの種類か分からんけど、鳥が何羽もたむろっていた。
f0065341_049393.jpg

人馴れしてるのか、近づいても微動だにしないヤツもいる。
f0065341_0494471.jpg

寝てんのかなぁ…?

歩いていると、なかなか見事な紅葉もある。
f0065341_050149.jpg

京都とかとは違って、ポツリポツリと赤くなっている。
これはこれで結構キレイ。

お次は「湯滝」。
「湯ノ瑚」から少し下ったトコにある滝。
f0065341_0502733.jpg

駐車場に車を停めた時から、
ゴウゴウとスゴイ音が聞こえていた。

滝壺に近づくと、マイナスイオンのせいなのか、
結構ひんやりしていたな。
ここでも、ポツリポツリと赤くなっている。
なかなかいい感じ!
キレイだな!

戦場ヶ原付近も、赤くは無いが全体に黄色く色づいている。
f0065341_0511116.jpg

この辺は「三本松」という所らしいが、
なにをもってそう言うのか、よく分からない。
きっと3本の立派な松の木があるんだろう…。

さ~てお次は、「竜頭の滝」にでも行ってみるかな…。


続く……。
[PR]
by yasumac | 2006-10-20 01:02 | 旅行 | Comments(0)

「初めての日光①」

最近、初めて日光に行って来た。

今頃が紅葉のシーズンという事だったので、
つい思いつきで行く事に決定!

込み合うことを予想して、朝4時半に家を出発。

道はいたって順調!
このペースなら予定通り辿り着けそうだ。
7時くらいに奥日光の「湯の瑚」を予定している。

と思ってた矢先、アクシデント発生!
東北道から日光宇都宮道路に入らなくてはいけないのに、
ボ~ッとしてたら、宇都宮インターを通り過ぎてしまった…。

さてどうする…?

走りながら考えてたら、なんか看板が…。
この先の「上河内SA内、ETC専用出口あり」との表示を発見!

これ幸いとばかりにその出口から出ると、
反対側のSAの方に道は続いていた。

一般道に出るだろうと思ってたら、
今度は「ETC専用入口あり」との表示が現れた!
どうやら上りの「上河内SA」から入れるらしい…。

いや~、ホント助かった!
戻って来るのに、1時間くらい掛かると思ってたが、
20分くらいのロスで済んだ。

ETC様さまです!

その後は、道を間違えることも無く、
渋滞の名所「いろは坂」も難なくクリアし、
予定していた「湯の瑚」に、朝7時過ぎ無事に到着した!
f0065341_115047.jpg

キレイだぁ…。
朝早く出て来たかいがあったな!

続く……。
[PR]
by yasumac | 2006-10-19 01:15 | 旅行 | Comments(0)

「ラゾーナ川崎」

f0065341_21144232.jpg

この間、川崎に新しく出来たショッピングモール、
ラゾーナ川崎」に行ってきた。

オイラの目的は映画のレイトショー。
でも時間がまだあったので、ビックカメラやロフトなど、
いろいろと店を見て回った。

もう夜だというのに、どこもかしこもスゴイ人!
f0065341_21145479.jpg

飲食店も、かなりの数があるのだが、
どのお店も入り口から外へ、長蛇の列が続いている!
腹が減ってるのに並ぶってのは大変だな…。


映画を観終わって出てきたら、
さっきまでの人ごみはどこへやら…。
f0065341_2115938.jpg

ポツリポツリと人影があるくらい…。
慌ただしい1日も、ようやく終了といった感じだ。

昼間の混雑はかなりスゴイらしいので、
来月になったら、昼に来てみようかな…。


この日このあとが大変だった。
駐車場で車を捜すのにひと苦労…。
何階のどこに停めたかすっかり忘れてしまったので、
かなりウロチョロすることに…。

最終的には、いくつもあるラゾーナへの通路のうち、
駐車場からラゾーナへ渡って来た通路をなんとか見つけて、
そこでようやく発見!

もうヘロヘロだっただけに、ホント嬉しかった!


今度からは、ちゃんと場所を覚えとかないとな…。
[PR]
by yasumac | 2006-10-18 21:17 | お出掛け | Comments(0)

「夜のピクニック」

f0065341_2292783.jpg

「夜のピクニック」を読んだ。
これもまた、恩田陸の本。

この本は「本屋大賞」という賞をとったらしい。
そんな賞があることは知らなかったが、確かに面白かった。
結構なスピードで読み切ってしまった。

年に1度の、ある高校の学校行事。
朝から次の日の朝まで、80kmを集団で歩く「歩行祭」。
3年生になって最後となったその行事に参加する主人公たち。
その主人公たちの「歩行祭」24時間の行動や思いを綴った内容だ。

特に何か事件が起こるわけでも無く、
ハプニングがあるとか、意外な結末になるとかでは無い。
ただ単に歩いてるだけ…。
だけど何故か、自然と物語に引き込まれていく。
そして読み終わった後の感じが、とても良かった。

物語中、登場人物たちの心の描写がとても巧く、
「人生とは」「友情とは」「恋とは」といった、
高校時代にありがちな様々なテーマを、
高校生たちならではの言葉や受け止め方で、
さらりと表現している。

多分それが、あと味の良い理由だろう。

読み終わって…、
ベタかも知れないけど、自分も歩いてみたくなった。
そうしたら…、
今までとは、何か違うものが見えてくるかもしれないな…。

でも、80kmはさすがに無理…。


そういえば昔、山手線一周を仲間と一緒に歩いたな。
歩いてる最中はかなりキツかったが、今ではいい思い出だ…。
[PR]
by yasumac | 2006-10-16 22:11 | | Comments(0)

「ようやく…」

オイラの車に「ETC」がついた。

つけてはみたものの、来年の2月には車検が来る。
しかも9年目…。

さてどうしようか、現在悩んでる真っ最中…。
[PR]
by yasumac | 2006-10-15 01:11 | その他 | Comments(0)
f0065341_21133048.jpg

レディ・イン・ザ・ウォーター」を観た。

?????……。
ハッキリ言って何を言いたかったのか、
何をしたかったのか、まるで分からない。

シャマラン監督お得意の、最後のドンデン返しも無いし、
ラストも「え?終わり?」って感じで、まったくもって意味不明…。

こんなんでいいのか!

確かに話の途中までは、この先どうなるんだろう?という感じで、
かなりの期待感があって楽しめた。
この世界はいったいどうなってしまうんだ?という、
一種の緊張感にも似たワクワク感とでも言うのか、
そんなものを持って観ていた。

でもそれも途中まで…。

物語が進むにつれ、
何だかあれよあれよと、ご都合主義のように事が進んで行き、
ポンポンポンポンと事が決まって行く。
なんだか無理矢理のようにしか思えない…。

しかも、そこに関わってくる何人もの人たちが、
いっさい疑問に思わないなんてのも、ハッキリ言って変だろう…。
普通いきなり「青の世界が…」とか「水の精が…」とか言われれば、
「何言ってんだコイツは?」って、素直に受け入れてはくれないはずだ。

なんかもう、無理矢理なストーリー展開になってるぞ!

完成に向かって、1つ1つピースが収まって行くパズルのような、
達成感や充実感がまるで感じられ無かったな…。

水の精役の「ブライス・ダラス・ハワード」が、
いかにも異界のものって感じの透明感のある美人なんだから、
観る側を驚かせてくれる、もっと別の方法とかあったんじゃないか!

シックスセンスの時の面白さと驚きはどこへやら…。
あの時は最後のドンデン返しで、
見事にオイラの口をポカ~ンと開けさせてくれた。
同じ監督が作ったとは思えないほど、今回のはダメダメ映画だ。

「アンブレイカブル」「サイン」で沈んで、
「ビレッジ」で巻き返したと思ったら、
今作で再び撃沈!

M・ナイト・シャマラン、いったいどうしてしまったんだ?


この映画、予告編の方が面白かったぞ…。
[PR]
by yasumac | 2006-10-14 00:56 | 映画 | Comments(0)