今度はどこ行こうかな?


by yasumac
カレンダー

<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「ディセント」

f0065341_019012.jpg

ディセント」を観た。

最初は、洞窟の中を進む女6人の心理サスペンスなんだと思ってたけど、
何だか途中から違った内容に…。

でも面白い!

サスペンス度高めの前半と、ホラー度高めの後半。
絶対来る!と分かっていても、ビクッとしてしまう瞬間が何度もある!
そして次々と起こる恐怖、予測できない展開、そして衝撃のラスト!
最初から最後まで気が抜けず、先が読めない展開に目が離せなくなった。

奥に進むたびに何かが起きる…。
未知なる暗闇で何かに追われる…。
そしてどんどん最悪になっていく…。

自然の中にはまだまだ未開拓な部分が多い。
もし本当にこんなことがあったらと思うと、怖すぎる…。

それが、暗闇という見えない恐怖と合わさり、
洞窟という密閉された空間での緊張感をあおりまくり、
圧迫感というか、相当の息苦しさをかもし出している…。

しばらくはもう、暗所・閉所は勘弁してもらいたい…。


閉所恐怖症、暗所恐怖症の人は要注意です!
[PR]
by yasumac | 2006-07-30 00:19 | 映画

「日本沈没」

f0065341_2348753.jpg

日本沈没」を観た。

約30年前の作品のリメイクだが、
今回のは、特撮技術盛り沢山のド派手な娯楽映画だ。

でも何故か「日本沈没」が恋愛映画になってる気がする……。
いくらなんでもそれはマズイだろう。

オイラはパニック映画だと思って観に来たんで、
話が進むにつれ、正直猛烈な睡魔が襲って来た…。

でもなんとか寝ないで済んだのは、やはり迫力ある映像だ!

この監督さんは、もともとが特撮が専門みたいで、
VFX満載の災害パニック場面はなかなかのもの。
地震が起き、火山が噴火し、津波が押し寄せ、全てを呑み込み破壊していく。
日本が徐々に崩壊していく映像は、結構な迫力で迫ってくる。

この映画は、ケチをつけ始めたらきりがないくらい突っ込み所が満載だ。
でも、難しいことばかり考えていては映画を楽しめない。
邦画でもこれだけの映画が出来るんだ!と、素直に感動しましょう!

オイラも後半で3回くらい、
特に最後の大地真央のセリフには、ホロッと来てしまった…。

う~ん、頑張れ日本映画!


『あなたには、命を投げ出しても守りたい人がいますか?』
[PR]
by yasumac | 2006-07-27 23:49 | 映画

「なんつッ亭」

川崎にある「なんつッ亭」に行って来た。

駅ビルの地下にあるんだけど、余程の有名店なのか、
平日に行ってもいつも行列が出来ており、
腹が減ってて待ってられないので、今までは素通りだった。

でもこの間は、たまたまなのか空いてる時間帯だったのか、
いくつか空席があるようだったので、早速入ってみた。

注文したのは「ラーメン 680円」
待ってる間にキョロキョロしていたら、
どうやらここは、「マー油」というキーワードがポイントで、
とんこつ「熊本ラーメン」がベースになってるらしい。

イスの前には「なんつッ亭流食法講座」なるものを発見。
f0065341_2392423.jpg

スープとマー油が馴染むまでちょっと待つ!
麺にマー油をよく絡ませて食べると美味いぞ!!
チャーシューをスープにつけておくと美味しいぞ!
残ったスープにご飯を入れて食べると更に美味しいぞ!
と、そんな事が書いてあった気がするな。

そして、ラーメンが来た。
f0065341_2394730.jpg

「うわっ黒!」まずはその色に驚いた。
へぇ~、こんなスープもあるんだなぁ…。
何がマー油でどれがスープだがよく分からんが、
腹が減ってて、馴染むまで待つ!なんてのはとても出来ないので、
よく馴染むようにとさっさとハシでかき回してみた。

そしてまずはスープをひと口、続いて麺もひと口。
う~ん、普通に美味い!
チャーシューも食べてみたが、コイツも美味い。
普通のチャーシューだけじゃなく、はじのブロックの部分も入っている。
噛み応えがありとてもジューシーで、このブロックの方が美味しいかも…。

でも不思議だ…。
「とんこつ」はあまり得意ではないんで、
スープが美味いと思うことはほとんど無いんだが、
ここのは普通に美味いと思った。

この店に入ったのは、焦がしニンニクの黒スープっていうのが、
どんなもんなのかな?くらいの、ちょっとした好奇心だったんで、
まさかとんこつスープが、こんなにも飲めるモンだとは想像してなかった…。

他店では味わえない「なんつッ亭」独特な味。
それがこの店を、行列のできる人気店にしているんだろう!

また来ようかな…。
[PR]
by yasumac | 2006-07-26 23:12 | フード・ドリンク

「不安な童話」


f0065341_071897.jpg
恩田陸の本も、ようやく3冊め。
表紙が少し怖そうだったけど、内容はそうでも無かったな。
面白いけど、少し話が重たい!そんな感じだった。

昔、女流画家が海で死んだ。
その生まれ変わりだと、その画家の息子に告げられる1人の女性。
そしてその女性には、見た事の無い記憶が次から次へと…。
そんな感じで話は始まっていく…。

今回も「ちょっとした能力」をもつ人間が主人公。
いろいろな伏線が、上手い具合に隠れているんだけど、
それを見事に回収していくストーリー展開はさすが!
そして今回もまたラストに驚かされた!
なるほど、そうきたか!

ミステリー好きな人なら、犯人が途中で分かってしまうかも知れないけど、
読ませ方が上手いから、期待を裏切らないまま最後まで読みきれるはず!
[PR]
by yasumac | 2006-07-26 00:08 |

「トリック劇場版2」

f0065341_19324068.jpg

「トリック劇場版2」を観た。

TV版を見た事が無いし、劇場版を観るのも今回が初めて。
いきなり観てどうなるかと思ったが、そんなのは心配無用だった。
いきなり観ても、それなりに楽しめる内容になっていたな。

小ネタギャグが満載で、ちょっとふざけ過ぎって気もするが、
たぶん元々のTVシリーズが、きっとこういう内容なんだろう…。

ミステリー物としての謎解きを期待すると不満だらけだが、
気軽に観れる「万人向けお笑いミステリー」って割り切れば、
まぁこれはこれで有りなのかな。

細かなギャグはそこそこ笑えたし、展開もちょっとだけ意外だったし、
難しいことを考えなければ、なかなか面白いんじゃないか。

でも、もし「3」が出来たら見るか?って聞かれれば、
「イヤそれほどでも…」と言ってしまうだろう…。


それと、観てて思ったんだけど、主役の仲間由紀恵って、
こういう喋り方しか出来ないのかねぇ?
「ごくせん」とか「携帯のCM」、それでもってこの「トリック」…。
キャラは全部違うけど、セリフ回しが全部同じような気がする…。

そんな仲間由紀恵が好きだっていうファンもいるんだろうけど、
いっつも同じってのはさ…。

まぁいいか!仲間由紀恵は何をやってもキレイだ!ってことで、
そんなのはどうでもいいことだな!


しかし、これだけくだらない事ばかりをつなげるだけで、
映画って出来てしまうんだなぁ………。オドロキ!
[PR]
by yasumac | 2006-07-24 19:33 | 映画
f0065341_16846.jpg

ホワイト・プラネット」を観た。

「ディープ・ブルー」の時もそうだったけど、
ホントこれどうやって撮ったんだ?という映像に圧倒される。

どのくらい動物達に近づいたんだろう?
どのくらいの時間が掛かったんだろう?

1つ言えるのは、北極という自然の偉大さ・壮大さが、
かなりの迫力を持って伝わってくる映画だということだ。

だがその自然も、地球の温暖化により生態系が崩れてきていて、
数十年後には、もう見られなくなってしまう…。

温暖化を食い止めるには、どうすればいいのか?
今の自分達に、いったい何が出来るのか?
北極や動物を守るために、いま自分は何をすべきなのか?
この映画を観ると、たぶん誰でもがそう思うことだろう…。

ただ、ドキュメンタリーのように自然の生態を追い掛けた映画なので、
ストーリーがどうのこうのじゃないのは分かっているのだが、
展開が淡々とし過ぎてて、時々意識が途切れそうになった。
もう少し、メリハリのある展開にしても良かったのでは…?


オーロラや白夜などの映像は、それは見事なもので、
その氷の世界の幻想的な美しさに息を飲み、酔いしれた。
シロクマやアザラシ、そしてカリブーたち、ウサギやキツネなどの小動物たち、
北極という極限の世界で、たくましく生きる姿に心を打たれた。

北極という幻想的な世界の中にも、弱肉強食という現実があることを、
まざまざと見せ付けられたな…。
[PR]
by yasumac | 2006-07-22 01:07 | 映画

f0065341_815076.jpg
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」を観た。

今回は3部作のうちの2作目。
1作目をほぼ忘れてしまったので、どうつながっているのか不明。
それに3作目に続くからなのか、いろいろな部分が中途半端に終わる。
だがコレを見ると、「3」を見たくなるのは間違いない。
次回作に乞うご期待って事だな!
来年を楽しみに待ってましょう。


今度の敵はデイヴィ・ジョーンズってヤツだ。
あまりにも異形で何モンだが良く分からんが、
幽霊船の船長で、なおかつ海底の支配者らしい。
そして今回は、コイツに関係する宝箱をめぐるストーリー。

前半は、多少グロテスクなシーンもあるけど、けっこう面白い!
よくぞここまでくだらない事を考えつくもんだ!

でも後半はちょっとシリアスに…。
親子、恋人、過去の因縁、追う者・追われる者、
さまざまな思惑が交錯する中、一体どうなっていくのだろうか…。

あまり細かく書くと、ネタばれになってしまうのでやめとくが、
中途半端なラストを除けば、まさにエンターテイメントの王道!

ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、
そして脇を固める味のある役者たち…。
オイラ的にはみんな最高!100点満点文句無し!

ただこの映画、前作を観てないと面白さは半減だろう…。
特に最後に出てくるアイツ!
これは前作を観てないと絶対に分からないんで、
一見さんは「あれって誰?」になってしまう…。
これから観る予定の人は、ぜひ予習をしてからの方がいいよ!


そうそう、今回もエンドロール終了までちゃんと観ましょう。
前作同様、最後の最後にまたオマケがあるよ。
[PR]
by yasumac | 2006-07-20 01:13 | 映画

「人形焼と鮎カステラ」

f0065341_2154613.jpg
「明平製菓」の人形焼と鮎カステラを買って来た。

鮎カステラは、毎日ではないらしいが、
午前中には売り切れになってしまうそうで、
なかなかの名物らしい。

以前から知り合いに聞いていて、
買いに行こう行こうと思ってはいたものの、
場所が遠いんで、なかなか行けずじまいだった。

f0065341_2171257.jpg

ひょんなことから貰って食べたら、確かに美味い!
値段を聞いたら、これまた安いんで驚いた!
これはぜひ自分で行って買わなくては!と思い、
住所を頼りに行ってみた。

なかなか発見できなかったが、
近所の人と思わしきオバちゃんなどに道を聞き、なんとか到着。
「人形焼は出来てるけど、鮎はもう15分くらいかな…」と店のオジちゃん…。
しばし待つことに…。

その甲斐あってかアツアツでホカホカの出来立てを手に入れた。

いやぁ~いい匂い!
ガマン出来ずに帰りの道、ガツガツ食べまくってしまった!

こりゃあ確かに毎日売切れになるわな…。

ちなみにオイラはたくさん買ったんで、
ただ今冷凍庫がスゴイことになってます…。
[PR]
by yasumac | 2006-07-18 21:14 | フード・ドリンク

「サイレントヒル」

f0065341_1305037.jpg

「サイレントヒル」を観た。

オイラはゲームをやらないので、ネタ元のゲームは良く知らない。
でもそんなの知らなくても見応え十分!そして予想以上に怖い!
ホラー映画として申し分なし!

ストーリー展開が早いので飽きないし、
その展開に緩急をつけるとでも言うのかな、
恐い所はとことん恐く、危険が去れば落ち着いてストーリを追える。
それらの繰り返すタイミングが絶妙なので、
観ている人間は、どんどん恐怖感が煽られていく。
いや、恐怖感というよりは嫌悪感かな、
ジワジワ~と高まってくる「イヤ~な感じ」が実にお見事!

突然の大音量と得体の知れない何か…、
そんなありきたりな演出じゃないところがこの映画のいいところ。
何が起きるか分からない、そんな緊張感が続くおかげで、
2時間強の上映時間が、まったく長く感じなかった。

最近では珍しい、雰囲気を楽しめる本格的なホラー映画だったな。


しかしこの映画、よくPG12で許可が下りたものだ!
というのは、残酷でグロテスクなシーンが多すぎるし、リアルすぎる…。
魔女狩りの儀式で少女が焼かれるシーンや、
逃げ遅れた女性がクリーチャーに引き裂かれるシーン、
女性警官への酷い仕打ちや教会での大量虐殺などなど…。
怖すぎる…。

ホント、PG12じゃまずいだろコレは!
もう少し年齢制限を上げた方がいいんじゃないか?
まぁそんなオイラも、映像が凄すぎて見入ってしまった1人だが……。
[PR]
by yasumac | 2006-07-17 01:34 | 映画

「麺屋 空海」


f0065341_1572656.jpg
麺屋 空海」(川崎店)に行ってきた。

HPに載ってる写真とは全く違っていて、
店内はとても広く、贅沢に空間を使っていて、
清潔感もあり、とてもラーメン屋には見えない。

変な時間に行ったんで、客はオイラ1人だけ。
でも普段はかなりの行列らしい…。

何にしようか迷ったが、「数量限定」って言葉に惹かれて、
「鳥そば(醤油)味玉付き」にした。

鶏肉は、多分炭火で炙ってあるのかもしれないが、
箸で突ついてみたら、プリっとしていていい感じ。
見た目にも美味そうだし、食べてみたらとても軟らかい!

麺はオイラの好きな細めのちぢれ麺。

醤油スープはすっきりした味わいで、普通に美味い!
こういう味を探してたんだよなぁ。
最近なかなか無いんで、これはちょっとハマりそうだ。

味玉は大きめで、箸でつまむとプルプルとしている。
割ってみるとトロトロの黄身が出てきて、コイツも美味い!
味も良くしみ込んでいるし、頼んで正解!

そしてラーメン一杯、かなりの勢いでいっき食いしてしまった。
フゥ~満足!

久々に、全てにおいてオイラ好み。

ただね…、小さめのどんぶりってのがちょっと物足りないかな。
お洒落なのかもしれないけどさ…。

また来ます!
[PR]
by yasumac | 2006-07-14 01:58 | フード・ドリンク